高分子コラーゲン配合の化粧品や美容液の特徴と使い道について

高分子コラーゲン配合の化粧品や美容液はさまざまな種類が出回っています。

 

これらの特徴をとらえて、どのような使い道があるのかを見ていきましょう。

 

肌の70パーセントはコラーゲンで出来ています。

 

人間の肌は表皮と真皮と皮下の三つの層に分かれていて、表皮と皮下に挟まれた真皮層にコラーゲンはあります。

 

肌の表面を内側からコラーゲンが支えて、弾力のあるみずみずしい肌を生み出しているという感じです。

 

この真皮層にあるコラーゲン量が増えれば、ハリやツヤのあるみずみずしい肌を保つことができます。

 

ところが体内のコラーゲンは40歳を超えると急激にその量が減るので、体外からの摂取が必要となります。

 

そこで高分子コラーゲン配合の化粧品の出番です。 高分子コラーゲン配合の化粧水の場合、肌につけると肌表面の保湿効果が期待できます。

 

しかも化粧水の水分が蒸発しても、その保湿効果は持続しているのです。

 

また美容液は化粧水と併用して使用することが多く、化粧水だけでは補えない美白やシワなどに効くものなどがあります。

 

高分子コラーゲン配合の美容液も併用して使用することで、保湿だけでなくシワやたるみなどの肌トラブルにも効果的です。

 

最近では自然なコラーゲンを使用しているという意味合いから、生コラーゲン美容液と呼ばれているものも売られているようです。

 

高分子コラーゲン配合の化粧品の特徴は、真皮層にコラーゲンを浸透させて保湿効果をもたらします。

 

乾燥肌に悩んだり、シワが目立っていて困っている方々にはぜひおすすめしたいですね。