美白化粧水の効果

美白化粧水の中には、様々な美白成分が入っていて、それぞれ持っている作用が異なります。そのため、どんなふうに美白ケアができるのかは、その化粧水の中にどんな美白成分が入っているのかによって異なります。美白成分の作用は大きく分類して、シミやくすみの原因となるメラニン色素の生成を抑制してくれるもの、肌の内側に作られてしまったメラニン色素をシミやくすみなどとして肌の表面に浮上してこない前に撃退してくれるもの、そしてシミとして肌の表面に現れたトラブルを目立たなくしてくれるもの、とに分類できます。

 

例えば漂白成分との異名を持つハイドロキノンは、最強の美白成分として知られていますが、これは肌の表面にできたシミを目立たなくする作用があります。同じような作用を持つ成分には、アルブチンやビタミンC誘導体などがありますね。このビタミンC誘導体は、粒子が大きくて肌の内側に浸透しにくいというビタミンCのデメリットを解消できる優秀な成分で、肌の内側に浸透してからビタミンCを生成するという特徴があります。このビタミンC誘導体は、すでにできているシミを目立たなくする他、肌の内側に作られてしまったシミ予備軍を撃退してくれる働きが期待できます。シミ予備軍を撃退してくれる成分には、他にもプラセンタ、エナジーシグナルAMP、アクチルPなどがありますね。

 

美白成分の中には、紫外線を浴びてもメラニン色素が作られにくい肌質を作ることができる成分もあります。エラグ酸、ルシノール、カモミラET、トラネキサム酸、マグノリグナンなどがあげられます。

 

美白化粧水の選び方

美白化粧水を選ぶ際には、どんな成分が入っていて、どんなふうに美白効果が期待できるのかという点をチェックすると同時に、自分の肌と相性が良いものを選ぶことがとても大切です。美白成分の中には、ハイドロキノンのように高い美白作用を持っていても肌にとって刺激となりやすい成分もあり、肌が弱い人だとヒリヒリしたり赤くなったり、かゆくなってしまうことがあります。どんなに優秀な成分でも、肌と相性が合わなければ使いっていても意味がありませんから、肌との相性を最優先して選ぶことが大切ですね。

 

美白成分の中でも特に気を付けたいのは、ハイドロキノン以外にも、高濃度のビタミンCがあります。ビタミンCは濃度が高くなると肌への刺激が強くなってしまうため、肌質によっては肌トラブルの原因となってしまうことがあるので、注意しなければいけません。また、こうした美白成分によって肌トラブルを起こしやすい人は、アルコール成分や香料、パラペンなどの添加物も肌と相性が良くないことが多いものです。そのため、美白化粧水を選ぶ際には、できるだけ肌にとって刺激が少ない低刺激タイプとか無添加タイプのものを選ぶと良いでしょう。

 

また、美白化粧水は毎日のスキンケアで使うものですから、いろいろ使ってみて使用感やテクスチャーなどが気に入ったものを選ぶという方法もおすすめです。美白化粧水は一般的にサラサラしたものが多いのですが、中にはコクのあるものもありますから、使用感で選ぶこともできますね。

 

簡単にできる美白ケア3つ

美白ケアは、シミがたくさんできてから始めるのでは、時間もお金もかかってしまいますが、シミができる前に予防策として行うなら、シミを作りにくい肌質に改善できるのでおすすめです。誰にでも今すぐ始めることができて簡単な美白ケアはいくつかあります。

 

1つ目は、季節を問わずに日焼け止めを塗るということと、年間を通して美白化粧水を使うということですね。日差しがそれほど強くない季節でも、紫外線は容赦なく降り注いでいます。そして、秋や冬に浴びた紫外線が少しずつ肌の内側に堆積し、将来のシミとなってしまいます。普段から美白化粧水を使って、しっかり予防とケアをしましょう。

 

2つ目は、気になる部分にはピンポイントで美白パックをするという方法がおすすめです。コットンに美白化粧水を浸して肌に乗せ、蒸発しないように上からラップなどでその部分をカバーし、5分程度放置します。こうすることによって、肌の内側に有効成分をたっぷり浸透できるので、高い美白ケア効果が期待できます。

 

3つ目は、夜は睡眠時間を6時間~7時間程度確保するという点ですね。寝ている間に新陳代謝が行われ、メラニン色素によってダメージを受けた細胞は体外へと排出されます。睡眠不足だとシミができやすくなりますし、快眠できている人はシミができにくい肌質になることができるのです。